柔道の楽しさを学ぶ 少年少女柔道教室

講師を足払いで投げ飛ばした子ども=16日、市民総合体育館武道場

 少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日午前、市民総合体育館武道場で開かれた。
 講師に朝飛道場・慶應義塾大学柔道部師範の朝飛大(あさひだい)氏、JR東日本所属の中山有加氏、講師補助として全日本柔道連盟の田中愛恵(まなえ)氏を招き、約90人が柔道の楽しさを学び柔道の基本指導を受けた。
 経験者と未経験者に分かれて行われた実技指導では、朝飛さんが経験者に立ち方や相手によって有利な組み手を教えるために、部位ごとに番号を記した道着を用意し、打ち込みなどを指導した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県医師会の安里哲好会長は7日午前、県庁で記者会見し、本土に住む県出身者に対し、旧盆の休みは帰省しな…
  2.  2020年度真栄里村豊年祭・オンプールが7日午後、ことし8月に整備された安居(あんぐん)公園内の安…
  3.  県八重山保健所は7日、西表島(竹富町)でバーベキューをしたグループのうち新たに島西部の男性3人が新…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  国は泡盛の海外輸出を促進させるため、沖縄県産の長粒種米を原料にして生産し、付加価値を付ける「泡盛テ…
ページ上部へ戻る