遺物から約500点を展示 西原町で首里城正殿跡出土品展

首里城正殿跡出土品展」で陶磁器などの展示物=18日、県立埋蔵文化財センター企画展示室

 首里城正殿跡の発掘調査から出土した遺物を展示する「首里城正殿跡出土品展」が18日、西原町の県立埋蔵文化財センター企画展示室で始まった。5月10日まで。
 県教育委員会が1985年に行った正殿跡の発掘調査で見つかった首里城の欄干や龍柱のかけら、正殿の遺構や建築部材などから見つかった海外製の陶磁器や県産の瓦など約500点が展示されている。
 29日午後1時半からは沖縄国際大学総合文化学部教授の上原靜氏を講師に迎え「琉球文化の象徴、首里城正殿―首里城正殿跡の発掘調査―」と題した文化講座も行われる。
 入場無料。開所時間は午前9時から午後5時まで。月曜、祝日、2月25日、5月7日は休所。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県独自の緊急事態宣言が出るなど、沖縄の状況も日々悪化している。…
  3.  会うたびに「おれのこと好きか」「あたしのこと愛しているの」と気持ちを確かめ合うカップル。ほほえまし…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  【北京共同】中国の海上警備を担当する中国海警局(海警)のトップに、中国海軍で東シナ海を管轄する東海…
ページ上部へ戻る