【里永記者の「これ聞いていいですか?」】前川喜平元文科事務次官 中

元竹富町教育長の慶田盛安三氏(右)と前川氏=13日夜、石垣市民会館大ホール

■学問に対する謙虚さ忘れるな 〝慰安婦〟〝南京〟断言に疑問

 「2、3分ぐらい良いじゃないですかぁ」
 前川氏の講演後、「関係者以外立入り禁止」と書かれた扉に入っていこうとするスタッフを呼び止め、取材を依頼した。5分ほど待たされた挙げ句、年配の男性が出てきたが、「前川さんは人と会われてるんで」と取り付く島もなかった。
 というわけで、今回のフリムンは対論形式ではない。異例ながら、「これ、聞きてみたかった…」という恨み節で進めていくので、しばしの間、お付き合い願えれば。
 講演で最も驚いたのは、前川氏が〝歴史学の天才〟だったということだ。
 いわゆる〝従軍慰安婦問題〟〝南京大虐殺〟については多くの反証がなされている。しかし前川氏は「歴史学が認めてきた事実!」と断言したのだ。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「この問題は圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではない」―、菅義偉官房長官は7月、新型コロナウイル…
  2.  任期満了に伴う竹富町長選が11日に告示される。再選を目指して立候補表明した現職西大舛髙旬氏(72)…
  3.  西表島(竹富町)のバーベキュー(BBQ)会場で起きた新型コロナウイルス集団感染で、県八重山保健所は…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  翁長雄志前知事が那覇市長時代に残した平成の負の遺産と言っていいだろう。那覇市が儒教の祖・孔子をまつ…
ページ上部へ戻る