国内客の旅行控えも徐々に 小規模事業者、雇用維持が重要 下地会長一問一答

要請後、記者団の取材に応じた下地芳郎会長=19日、県庁

 沖縄ツーリズム産業団体協議会の下地芳郎会長と報道陣の一問一答は次の通り。
 ―OCVB内の対策委員会は。
 「17日の緊急会議で、OCVBだけでなく各業界の声を取り入れるべきと意見があった。委員を検討し、今週中に一度は開催したい。委員会の中で最新の情報を共有した上で、国や県への要請も考えていきたい」
 「業界として何ができるか、自助努力をしながら、具体的な中身を具体的な数字に基づいて議論したい」
 ―観光業界の課題は。
 「感染拡大がクルーズ船に影響し、国内客も旅行控えが徐々に出てきた。緊急対策をしっかりやるのが最優先で、次に収束の段階を見据えて観光振興プロジェクトを実施すべきだ」

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  トランプ前大統領が映画『ホーム・アローン2』に登場する。そのシーンを削除するかどうかが話題らしい。…
  2.  八重山防衛協会が昨年、八重山地区への海上自衛隊誘致を防衛省に要請した。海自配備にはどのような意義が…
  3.  新型コロナウイルス感染拡大に伴う「GOTОトラベル」停止や緊急事態宣言の影響で、八重山地区の観光関…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄電力(本永浩之社長)と沖縄セルラー(湯淺英雄社長)は、新サービス「auでんき」に関する業務提携…
ページ上部へ戻る