国内客の旅行控えも徐々に 小規模事業者、雇用維持が重要 下地会長一問一答

要請後、記者団の取材に応じた下地芳郎会長=19日、県庁

 沖縄ツーリズム産業団体協議会の下地芳郎会長と報道陣の一問一答は次の通り。
 ―OCVB内の対策委員会は。
 「17日の緊急会議で、OCVBだけでなく各業界の声を取り入れるべきと意見があった。委員を検討し、今週中に一度は開催したい。委員会の中で最新の情報を共有した上で、国や県への要請も考えていきたい」
 「業界として何ができるか、自助努力をしながら、具体的な中身を具体的な数字に基づいて議論したい」
 ―観光業界の課題は。
 「感染拡大がクルーズ船に影響し、国内客も旅行控えが徐々に出てきた。緊急対策をしっかりやるのが最優先で、次に収束の段階を見据えて観光振興プロジェクトを実施すべきだ」

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「この問題は圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではない」―、菅義偉官房長官は7月、新型コロナウイル…
  2.  任期満了に伴う竹富町長選が11日に告示される。再選を目指して立候補表明した現職西大舛髙旬氏(72)…
  3.  西表島(竹富町)のバーベキュー(BBQ)会場で起きた新型コロナウイルス集団感染で、県八重山保健所は…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
ページ上部へ戻る