国内客の旅行控えも徐々に 小規模事業者、雇用維持が重要 下地会長一問一答

要請後、記者団の取材に応じた下地芳郎会長=19日、県庁

 沖縄ツーリズム産業団体協議会の下地芳郎会長と報道陣の一問一答は次の通り。
 ―OCVB内の対策委員会は。
 「17日の緊急会議で、OCVBだけでなく各業界の声を取り入れるべきと意見があった。委員を検討し、今週中に一度は開催したい。委員会の中で最新の情報を共有した上で、国や県への要請も考えていきたい」
 「業界として何ができるか、自助努力をしながら、具体的な中身を具体的な数字に基づいて議論したい」
 ―観光業界の課題は。
 「感染拡大がクルーズ船に影響し、国内客も旅行控えが徐々に出てきた。緊急対策をしっかりやるのが最優先で、次に収束の段階を見据えて観光振興プロジェクトを実施すべきだ」

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  SDGs目標の一つ「海の豊かさを守ろう」にコミットして活動する「Blue14(ブルーフォーティーン…
  2.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)は10月31日、国立天文台水沢VLBI観測所の本間希樹所長による…
  3.  第46回県畜産共進会(主催・同協議会)の結果が10月30日発表され、肉牛の部で石垣市の農業生産法人…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が松山公園内の土地を無償で提供していること…
ページ上部へ戻る