25日から〝供用開始〟 仮庁舎へ引越し進む 各課直通番号も設置 竹富町

 竹富町役場は22日からの3連休を使い、新庁舎建設に伴う現庁舎から仮庁舎へ移転する。仮庁舎の供用開始は25日。現庁舎の向かい側に建設された仮庁舎への引っ越しや書類などの整理は24日までに済ませ、業務開始に向け準備を進める。
 仮庁舎では各課の「直通番号」が新たに設置。代表番号と郵便送付先住所は従来通り。
 移転に伴う電話回線工事により、FAXは24日午後5時まで、通話は22日の午後4時から午後5時の間、使用できない。緊急時には℡82・3116(産業振興課)で対応する。
 町政策推進課によると、仮庁舎は1階建てユニットハウス型プレハブを連結させた計6棟から成る。延べ床面積は現庁舎1階部分の952・22平方㍍に対し、995・30平方㍍となった。
 現庁舎の解体工事は17日に入札を済ませて業者が決定しており、3月中の着工となる。
 現庁舎敷地には石垣支所が建設される。今後は公募型プロポーザル方式で業者を選定するが、着工時期については調整中という。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市が昨年10月、尖閣諸島の字名を「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に対し、電話…
  2. 2021年度新川字会(金城文雄会長)の通常総会が17日午後、新川自治公民館で開かれ、新・旧役員のみが…
  3. いかなる文脈にあるかで、言葉の相貌は変わる。愛情を感じる人の「バカ」と憎悪を覚える人の「バカ」とでは…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  宮腰光寛沖縄担当相は14日の記者会見で、沖縄都市モノレール株式会社が2022年度までにゆいレールの…
ページ上部へ戻る