石垣島方言を後世へ 宮城信勇氏を偲ぶ会

㊨偲ぶ会で飾られた宮城信勇氏の写真、㊧宮城氏の四男・信義さんが故人との思い出を語り、スクリーンを眺める参加者ら=24日、アートホテル石垣島

 八重山方言研究に尽力した宮城信勇先生を偲(しの)ぶ会(主催・同実行委員会)が24日午後、アートホテル石垣島で開かれ、親類や教育関係者、八重高17期、文化協会、新川字会など関係者ら約130人が集って故人を偲んだ。宮城信勇氏は1977年に「八重山ことわざ辞典」、2003年には1万7千を超える方言を集めた「石垣島方言辞典」を完成させた。昨年9月16日老衰のため数え100歳で他界した。
 実行委員会の石垣久雄代表は「人をしかるのではなく常に良くなるように親切丁寧に話をする姿が印象に残っている。素晴らしいシィマムニの消失を心配され、文化協会に一早くシィマムニの復活・普及に警鐘を鳴らしてくれた」とエピソードを話した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市が昨年10月、尖閣諸島の字名を「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に対し、電話…
  2. 2021年度新川字会(金城文雄会長)の通常総会が17日午後、新川自治公民館で開かれ、新・旧役員のみが…
  3. いかなる文脈にあるかで、言葉の相貌は変わる。愛情を感じる人の「バカ」と憎悪を覚える人の「バカ」とでは…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  国は泡盛の海外輸出を促進させるため、沖縄県産の長粒種米を原料にして生産し、付加価値を付ける「泡盛テ…
ページ上部へ戻る