新庁舎へ「今が始まり」 仮設庁舎で業務開始 竹富町

仮設庁舎での業務が開始された=25日午前、町仮庁舎内

 竹富町役場は、新庁舎建設に伴う仮設庁舎への移転を完了し、25日、仮設庁舎の供用を開始した。午前9時、仮設庁舎業務開始式があり、西大舛髙旬町長は「まさに偉大な事業を成し遂げられた」と感謝し、「今が始まり。本格的な庁舎が作られるわけだが、まさに大きな山が動いた。ひとえに町民のご理解と職員の懸命な努力の賜物」と強調した。
 式は各課長らが参列。西大舛町長、前鹿川研一副町長、仲田森和教育長の3人が、塩と酒による仮設庁舎の清めの儀と国旗、町旗の掲揚を執り行った。
 前鹿川研一副町長は「22日からの引っ越し作業、ご苦労様。このパワーを新庁舎落成に向け続けていこう」、仲田教育長は「これからがスタート。本格的な庁舎建設に向け、町長を先頭に協力して頑張ろう」と呼び掛けた。
 仮設庁舎では新たに各課の「直通番号」が設置。駐車場は身障者用の1台分のスペースがあり、駐車場横のスロープ入口には要介助者用のインターホンがある。
 旧庁舎の解体工事までは、旧庁舎駐車場が使用でき、町は路上駐車しないよう呼び掛けている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の県立八重山病院に入院する新型コロナウイルス感染者が54日ぶりにゼロ人になったことが分かった…
  2.  新型コロナウイルスの新規感染者は、現在でも連日のように確認されている。しかし、ある程度の感染者発生…
  3.  竹富町は町内の西表島東部と西部、小浜島、波照間島にある計4カ所の県立八重山病院付属診療所に新型コロ…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  17日に石垣市健康福祉センターで開かれた講演会「辺野古軟弱地盤と平得大俣~土木技術士から見た自衛隊…
ページ上部へ戻る