陸自配備「断じて認めず」 元市議7人が会見で声明

記者会見で陸自配備反対を訴える元市議=25日午後、開南市営住宅近く

 石垣島への陸上自衛隊配備計画で、石垣市議会の元市議7人が25日、予定地周辺の開南市営住宅近くで記者会見し、陸自配備を「元市議として、一般市民として、断じて認めるわけにはいかない」とする声明を発表した。
 呼び掛け人は元議長の小底嗣洋氏が務めた。会見した7人以外にも複数の元市議が賛同の意向を示しているという。
 声明では、住民投票を求める約1万4千筆の署名が門前払いされたとして「民意を無視した独善的な市政運営」と批判。陸自配備による水源汚染の可能性などを挙げ「将来に禍根を残す重大な問題。平得大俣の地域住民に寄り添いながら、ともどもに手を携え反対していく」と訴えた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市は11月30日開会した市議会(平良秀之議長)12月定例会に、児童生徒に1人1台のタブレット端…
  2.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が尖閣諸島(石垣市)の中国領有権を主張した問題を受け、石垣市議会は…
  3.  見たいようにしか見ていない。分かりたいようにしか分からない。最近改めて感じている理(ことわり)であ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  内閣府は11日、2019年度の沖縄子どもの貧困緊急対策事業として12億8960万円を交付すると発表…
ページ上部へ戻る