談合の可能性を指摘 万国津梁会議、業者選定 県議会一般質問、自民

答弁する玉城知事=26日午後、県議会

 県議会(新里米吉議長)は26日、2月定例会の一般質問1日目を開き、島袋大氏(自民)、末松文信氏(同)、具志堅透氏(同)、仲田弘毅氏(同)、座波一氏(同)、中川京貴氏(同)が玉城県政をただした。
 島袋氏は県の「万国津梁会議」の設置支援業務に関し、業務を委託する企業の選定で談合があった可能性を指摘。県職員が受注業者である山形県の法人に対し情報を漏洩した疑いがあると追及した。県に調査を求め、公正取引委員会にも調査を依頼する可能性を示唆した。文化観光スポーツ部の新垣健一部長は「職員が発注に関し、機密を漏洩した事実はない。入札談合ではない」と反論した。
 島袋氏は事業者選定に関し、事前に行われた説明会に山形の法人が不参加だったが、最終的に同社を中心に共同事業体(コンソーシアム)を作り、事業を受注したことを疑問視。「県の担当者が契約情報を法人の所長にリークしたのではないか」とただした。
 具志堅氏は、万国津梁会議の業務委託を巡り、実施された住民監査請求ついて、審査意見を問うた。
 代表監査委員の當間秀史氏は「契約は手続きが適正に行われ、違法・不当ではない」と答弁。契約解除や法人に支払われた2166万円の返還も認められないとした。ただ、同支払い額の一部が概算払いとなったことは不当で、返還を求める意見もあったと説明した。
 座波氏は首里城火災について、県と美ら島財団に責任があるとし「県民に説明し、施設管理者として謝罪すべき」と指摘した。玉城氏は「管理者として責任を感じている」と答弁した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  2020年度八重山地区学力向上推進講演会(主催・八重山地区学力向上推進委員会)が28日午後、八重山…
  2.  「米国は戻ってきた」―。大統領選で当選確実になったバイデン前副大統領が演説で高らかに宣言した。「ア…
  3.  県産業政策課は27日、波照間島で風力発電2基を活用し10日から14日まで、約100時間連続で電力供…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
ページ上部へ戻る