石垣市は臨時休校せず 感染者なく「共働き多い」 新型肺炎

市立小中学校で休校をしないことを発表する中山市長(左)と石垣教育長=28日午後、石垣市教育委員2階ホール

 新型コロナウイルス感染防止のため、安倍晋三首相が全国の小中高校などを3月2日から臨時休校にするよう要請したことを受け、石垣市の中山義隆市長と市教育委員会の石垣安志教育長は28日、市教委で記者会見し、市立小中学校は臨時休校しないと発表した。「感染者が出ていない」「通勤や通学での流入人口がない」などの市の実情にかんがみ、予防対策を施した上で、授業を続行する。竹富町、与那国町も臨時休校しない。
 ただ、修了式の3月24日までを「休校期間」扱いとし、保護者の判断で学校を休ませるなど、自主的な登校自粛も欠席扱いとしない。
 市は「感染者が発生した場合には全校休校とする」とし、予防対策に▽登校前検温を保護者に徹底▽校内消毒の徹底▽大規模集会等の自粛▽部活動や課外活動等の禁止―という措置をとる。校内で行う放課後児童クラブ(学童保育)は実施する。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町の西表島観光ガイド免許制度で、第1号の免許証が西表島大富のガイド業「うみあっちゃー」代表中川…
  2.  石垣市の星野自治公民館(平良雅樹館長)は20日、入植70周年記念事業の一環としてことし3月に建立し…
  3.  2020年度とぅばらーま大会作詞の部の審査発表が20日、石垣市民会館中ホールであり、最優秀賞に黒島…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る