春そこまで きょう啓蟄 セイシカの花ほころぶ

春の陽気に誘われ、淡いピンク色の花を咲かせたセイシカ=4日午後、石垣市バンナ公園

 5日は二十四節気の一つ啓蟄(けいちつ)。土の中で冬ごもりしていた虫たちが春の陽気を感じ、穴から出てくるころとされる。
 八重山地方は朝晩はまだ肌寒いが、日中は気温が上がり、春がすぐそこまでやって来ている。
 4日午後1時には竹富町波照間で平年より3・4度高い25・5度、石垣市登野城でも平年より3・2度高い25・3度を観測するなど、初夏を思わせる暖かさとなった。
 石垣市の県営バンナ公園南口にある「セイシカの花園」では、淡いピンク色のセイシカの花がほころび、春の到来を告げている。
 1週間前に開花に気づいたという公園管理スタッフの男性は「暖冬のせいか、今年はいつもより開花が早い」と話す。
 花はまだ二分咲き程度だが、日一日と日差しが暖かくなるにつれ、見ごろを迎えそうだ。 (南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市は、市民税非課税世帯の75歳以上で、交通手段を持たない市民に対し、タクシー運賃の初乗り分47…
  2.  県内の新型コロナウイルス新規感染者数は高止まりを続けており、石垣市でもじわじわと拡大傾向が続いてい…
  3.  沖縄戦の悲惨さや歴史的教訓を後世に語り継ぐ「語り部(かたりべ)」に贈られる感謝状表彰伝達式が28日…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県と糸満市、トルコ視覚障がい者スポーツ協会は22日、県庁で2020年開催の東京オリンピック・パラリ…
ページ上部へ戻る