春そこまで きょう啓蟄 セイシカの花ほころぶ

春の陽気に誘われ、淡いピンク色の花を咲かせたセイシカ=4日午後、石垣市バンナ公園

 5日は二十四節気の一つ啓蟄(けいちつ)。土の中で冬ごもりしていた虫たちが春の陽気を感じ、穴から出てくるころとされる。
 八重山地方は朝晩はまだ肌寒いが、日中は気温が上がり、春がすぐそこまでやって来ている。
 4日午後1時には竹富町波照間で平年より3・4度高い25・5度、石垣市登野城でも平年より3・2度高い25・3度を観測するなど、初夏を思わせる暖かさとなった。
 石垣市の県営バンナ公園南口にある「セイシカの花園」では、淡いピンク色のセイシカの花がほころび、春の到来を告げている。
 1週間前に開花に気づいたという公園管理スタッフの男性は「暖冬のせいか、今年はいつもより開花が早い」と話す。
 花はまだ二分咲き程度だが、日一日と日差しが暖かくなるにつれ、見ごろを迎えそうだ。 (南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「この問題は圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではない」―、菅義偉官房長官は7月、新型コロナウイル…
  2.  任期満了に伴う竹富町長選が11日に告示される。再選を目指して立候補表明した現職西大舛髙旬氏(72)…
  3.  「疑わしい人すべてに、検査、検査、検査だ」。3月、新型コロナウイルスの感染拡大阻止に向けて検査の徹…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  23日の沖縄全戦没者追悼式では、昨年と同様、安倍晋三首相へのやじが相次ぎ、会場は一時騒然となった。…
ページ上部へ戻る