駐屯地、自然災害にも即応 自衛隊石垣出張所長に聞く

インタビューに応じる反橋所長

 陸上自衛隊配備計画は防衛省への市有地売却決定により、駐屯地建設への動きが加速する。2018年3月末から2年間、自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所長を務め、今月末で異動する反橋寛之三等陸佐(33)に、これまでの動きと今後について八重山日報が取材した。
 ―陸自配備の今後の動きは。
 「工事が必要な場所はほぼ防衛省の用地になった。まずは工事が円滑に進むかどうか」
 「それから、駐屯地の外に隊員が住む宿舎ができる。その用地取得や建設工事が始まっていく」
 「そして、配備周辺住民の方々へは、配備に対する十分な理解がまだ得られていない。どのようにすれば理解を得られるか」
 「これらがポイントになってくると思う」

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
  2. 境界地域の地方公共団体や境界地域研究に関わる研究・教育機関などを構成メンバーとする「境界地域研究ネッ…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  政府が尖閣諸島などの関連資料を展示する「領土・主権展示館」を東京・虎ノ門地区に移転し、面積を現在の…
ページ上部へ戻る