石糖「全面建て替え困難」 国、年次的な設備更新求める 事業費負担考慮か

操業中の石垣島製糖の工場(資料写真)=2017年

 石垣島製糖の新工場建設を巡り、山田善博農水部長は10日の市議会一般質問で、県、国が「全面建て替えは難しい」として年次的な整備計画の策定を求めていることを明らかにした。同社は全面建て替えを求めているが、県、国は事業費の負担を考慮し、建物や設備の年次的な更新が望ましいとの考えを示したものと見られる。全面建て替えの場合の事業費は約260億円に達する見込みで、現時点で事業主体は決まっていない。
 新製糖工場建設の進ちょく状況は砂川利勝氏が質問した。山田農水部長によると、農水省は昨年12月、石垣市で補助事業である「産地パワーアップ事業」の説明会を開いた。同社に対し、年次的な整備計画を策定し、安定的な操業や働き方改革に対応できる省力化施設の導入と工場の改修・改善を行うことが望ましいとの見解を示した。県も同事業で、工場の部分的な更新による長寿命化を求める方針。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 26日に開催された2020年度「防風林の日」関連行事の第2部では、宮良地区で国・県の特定地域経営支援…
  2. 国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)=岩手県奥州市=を拠点とするVERA(ベラ)プロジェクト…
  3. 2020年いっぱいで解散する、石垣島で生まれ育った幼なじみの女性ユニット「やなわらばー」が23日、東…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る