鐘突いて犠牲者追悼 東日本大震災の日に市職員ら

犠牲者の追悼と被災地の復興を願って鐘を打つ市民=11日午後、新栄公園

 東日本大震災から9年目を迎えた11日、「世界平和の鐘」が設けられている浜崎町の新栄公園に市職員や市民が集まり、鐘を突いて犠牲者を悼んだ。
 市職員は世界平和の鐘の会県支部の事務局を務める平和協働推進課の玻座真保幸課長(54)ら17人。発生時刻の午後2時46分に市の防災無線を通じてサイレンが市内に鳴り響き、1分間黙とうを捧げた。鐘楼にも上がり、一人ひとり順番に鐘を鳴らした。
 玻座真課長は「震災では多くの死者が出て今も相当数の行方不明者が存在し、遺族の心の傷は癒えていない。被災者に寄り添う思いを込めて突いた」と話した。
 この日は市議会3月定例会の本会議で、議場でも中山義隆市長ら市幹部と平良秀之議長ら市議が発生時刻に起立して黙とうした。新栄公園では毎年震災の日に鐘楼を開放し、市民らが復興を願ってめいめいに鐘を打っている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)9月定例会の最終本会議が18日開かれ、尖閣諸島での上陸調査活動と施設整備…
  2.  石垣市議会は18日の最終本会議で、市当局が提案した農業委員19人の人事案件を無記名投票で採決し、5…
  3.  石垣市都市建設課は今月5日、伊原間の玉取崎展望台に観光で家族とともに訪れた3歳男児が擬木園路から誤…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  政府、県、那覇市が主催した「北朝鮮による拉致問題を考える国民の集い」が24日、同市の沖縄青年会館で…
ページ上部へ戻る