19年度9千万円超見込み 竹富町ふるさと納税 体験型返礼品で持ち直し

 竹富町(西大舛髙旬町長)のふるさと納税実績が持ち直している。町政策推進課によると、2019年度は2日時点での見込み額が約9110万円と、前年度比約2300万円の増額と想定する。19年6月、総務省は制度変更したが、地域の実態を無視した全国一律の「規制」に対し、見直しを求める声も聞かれる。
 ふるさと納税は2008年度から、「寄付金」と「税額控除」の仕組みを合わせた制度として開始された。
 町は15年12月からパイン、マンゴーの特産品をメインに返礼品をスタート。同年度は、過去7年間の平均、225件、約700万円という実績を大きく上回り、4051件、約6500万円に上昇。
 翌16年度は件数、額ともに過去最高となる5736件、約1億1437万円を記録した。
 全国的に返礼品競争が「過熱」し、件数・金額ともに下降したが、19年度、町は「体験型返礼品」を導入。
 ラグジュアリーホテル「星のや竹富島」の宿泊券や、航空券と宿泊がセットなったパッケージツアー「ANA旅作」などが奏功し、見込み額9000万円超と持ち直しつつある。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県の新型コロナウイルス感染症専門家会議(座長・藤田次郎琉大教授)が5日夜、県医師会館で開かれた。県…
  2.  石垣海洋少年団(IJYC石垣ジュニアヨットクラブ)は4、5の両日、石垣漁港フィッシャリーナで小学4…
  3.  政府が新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を発令する見通しとなったことを受け、石垣市の中…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、日韓関係の悪化を受け、経済や文化交流面での損失に懸念を示した上で「手に手を取…
ページ上部へ戻る