真喜良小で橋の開通式 卒業制作で「夢絆」残す

卒業制作で校庭の池に橋を架けた23期生=16日、真喜良小学校

 真喜良小学校(仲吉永克校長)6年生52人は16日午前、同校で親子で卒業制作として取り組んだ校庭池の橋が完成し、完成披露と開通セレモニーを行った。
 橋は長さ3メートル、幅1.2メートルのコンクリ製の橋で、両脇には卒業生が装飾した建築資材のテストピースを積んだ。テストピースには正門から向かって「第23期卒業生制作真喜良小夢絆の橋」と記された。
 セレモニーで感想を発表した6年生の髙島優花さんは「ワクワクしながら作った。最高の思い出になった」と喜んだ。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が尖閣諸島(石垣市)の中国領有権を主張するとともに、周辺海域からの…
  2.  石垣市は、新港地区に民間企業の進出を想定した「交流厚生用地」を造成し、港湾のにぎわい創出を図る方針…
  3.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が、石垣市の尖閣諸島について中国の領有権を主張し、周辺海域で操業す…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は25日、官邸に菅義偉官房長官を訪れ、現在2両編成の沖縄都市モノレール(ゆいレール)…
ページ上部へ戻る