黒島沖で遊漁船全焼 エンジン付近から出火

巡視船による消火活動(第11管区海上保安本部石垣航空基地提供)

 17日午前10時25分ごろ、「船が燃えているので助けてほしい」との通報が竹富町の黒島西方800メートルの海上にいる遊漁船の船長から石垣海上保安部にあり、同部の巡視艇が同日午前11時10分ごろ、現場海域に急行した消火活動を開始したが、遊漁船は同日午後2時2分ごろ全焼し沈没した。
 同保安部の調べによると、船長の話から遊漁船は同日午前9時半ごろ、客6人とスタッフ3人が乗船して石垣港を出発。黒島沖に到着したところ、急にエンジンの回転数が下がってきたため、いかりを入れてエンジンを停止させようとしたが、止まらずエンジン付近から出火したという。
 同午前10時半ごろ、事故現場付近にいた別のダイビング船に全員移乗した。けが人はいない。同保安部で原因を調べている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が尖閣諸島(石垣市)の中国領有権を主張するとともに、周辺海域からの…
  2.  石垣市は、新港地区に民間企業の進出を想定した「交流厚生用地」を造成し、港湾のにぎわい創出を図る方針…
  3.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が、石垣市の尖閣諸島について中国の領有権を主張し、周辺海域で操業す…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
ページ上部へ戻る