SDGsの組織構築を 万国津梁会議で議論

第3回会議の様子。島袋氏(中央)が各委員に意見を求め、蟹江氏と平本氏は遠隔地から参加した=18日午後、なは市民活動支援センター

 国連の持続可能な開発目標SDGsの県政への反映を議論する第3回SDGsに関する万国津梁会議(島袋純委員長)が18日午後、那覇市のなは市民活動支援センターで開かれた。委員が「沖縄らしいSDGs」をテーマに議論し、県のSDGs推進本部に下部組織を発足させるべきなど意見が挙がった。
 島袋氏は県内でSDGsを推進するために県民や企業が参加する団体(プラットホーム)が必要だと指摘。佐喜真裕委員は県に下部組織を設け「数値目標を示し、達成度合いを評価すべきだ」と求めた。
 平本督太郎委員はプラットホームが「地域の成長を促す役割を持つべき」と強調。蟹江憲史委員は、恩納村でのSDGsモデル事業を紹介した。
 島袋氏は「県民が当事者として取り組まないといけない。数値目標を設定し、多様な意見を吸収する必要がある」と述べ、今夏に若年者が参画する会議体の構築も必要だと訴えた。
 玉城直美委員はSDGsパートナーとして登録された県内61の企業や団体について「(各団体が目指す)ゴールを分析し、取り組みを若年者に教育現場で教えるべき」と主張した。
 今年度の会議は今回で終了。今月中に玉城デニー知事に対し、中間報告を提出する。次年度以降も複数回会議を開き、次年度末に意見を取りまとめる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  世界平和デーの21日、石垣小学校の少年野球とサッカーチームの児童らが、第二次大戦中に島の住民たちが…
  2.  敬老の日の21日、100歳を迎えた石垣市新川の山城カマドさん宅に川満誠一副市長が訪ね、長寿を祝った…
  3.  シルバーウイーク3日目の21日、竹富町の各島にも多くの観光客が訪れた。新型コロナウイルス感染症で地…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  政治経験のない元新聞記者が、知名度も実績も、はるかに上回るベテラン政治家を破り、初当選を果たす。他…
ページ上部へ戻る