伝統ある2幼稚園に幕 園児や住民、セレモニーで別れ

 今年で閉園する石垣市のやえやま幼稚園(登野城、宮良勝也園長)、みやとり幼稚園(石垣、市原教孝園長)は19日、それぞれお別れセレモニーを開き、やえやま幼稚園は87年、みやとり幼稚園は74年の歴史に幕を下ろした。共に施設の老朽化が進み、地域内に子どもたちの受け皿となる他の保育・教育施設が存在することから、市教育委員会は両幼稚園とも、今年度限りで園児募集を停止した。

やえやま幼稚園
 同園の累計の園児数は8926人。宮良園長は「昭和、平成、令和を歩み、地域の4、5歳児を健やかに育ててきた。87年の長きにわたり、温かい支援をいただいた」とあいさつ。
 47年前、近くに家を建て、園児たちを見守ってきた登野城字会の玉城学前会長(71)は「非常にさびしい思い」と声を詰まらせ「いつの日か、どこかで、やえやま幼稚園の名前が復活することを願いながら今日を迎えた。やえやま幼稚園さようなら、ありがとう」と感謝を伝えた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  世界平和デーの21日、石垣小学校の少年野球とサッカーチームの児童らが、第二次大戦中に島の住民たちが…
  2.  敬老の日の21日、100歳を迎えた石垣市新川の山城カマドさん宅に川満誠一副市長が訪ね、長寿を祝った…
  3.  シルバーウイーク3日目の21日、竹富町の各島にも多くの観光客が訪れた。新型コロナウイルス感染症で地…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  投票権は大切な権利だが、投票することがかえって沖縄の未来に影を落とす結果を招くかも知れない―。少な…
ページ上部へ戻る