死亡事故ゼロ1585日に 記念碑建立、内外に安全発信 八重山署

(右から)除幕した渡真利専務理事、辻野会長、島尻署長、中山市長、西大舛町長ら=19日夕、アップル公園

 八重山警察署(島尻重美署長)管内での交通死亡事故ゼロが昨年12月25日で1500日に達したことを受け、同署東側のアップル公園に「交通死亡事故ゼロ宣言の碑」が建立され、19日、除幕式が開かれた。島尻署長をはじめ、八重山地区交通安全協会の辻野ヒロ子会長ら関係者が参列。建立を祝し、交通死亡事故の根絶と、交通事故死亡者の冥福を祈った。継続日数は19日現在、1585日で、県内最長記録を更新し続けている。
 同碑の建立は、島尻署長、辻野会長、八重山3市町首長で構成される実行委員会が推進。同地域の個人・団体の寄付により、目標額70万円を達成し、㈲石垣島石材(成底究馬代表取締役)が施工した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が尖閣諸島(石垣市)の中国領有権を主張するとともに、周辺海域からの…
  2.  石垣市は、新港地区に民間企業の進出を想定した「交流厚生用地」を造成し、港湾のにぎわい創出を図る方針…
  3.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が、石垣市の尖閣諸島について中国の領有権を主張し、周辺海域で操業す…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
ページ上部へ戻る