【視点】離島住民にもしのび寄る「自殺」問題

 石垣市では2013年から5年間で53人が自殺しており、年平均の自殺者数は10人を超えている。思い悩む人に対し、自殺以外の選択肢があることをどう伝え、生き続ける力を与えるのか。3月は国の自殺対策強化月間となっており、この問題を掘り下げて考える機会にしたい。
 警察庁によると、全国の2019年の自殺者数は2万169人で、統計を開始した1978年以来最少だった。原因・動機を特定できたのは1万4922人で、理由で最も多かったのは健康問題で9861人。次いで経済・生活問題の3395人、家庭問題の3039人となった。
 現在「自殺対策計画」の策定作業を進めている石垣市は、昨年12月から今年1月にかけ、市民2000人を対象に自殺に関する意識調査を実施した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. 26日に開催された2020年度「防風林の日」関連行事の第2部では、宮良地区で国・県の特定地域経営支援…
  2. 国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)=岩手県奥州市=を拠点とするVERA(ベラ)プロジェクト…
  3. 2020年いっぱいで解散する、石垣島で生まれ育った幼なじみの女性ユニット「やなわらばー」が23日、東…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  17日に石垣市健康福祉センターで開かれた講演会「辺野古軟弱地盤と平得大俣~土木技術士から見た自衛隊…
ページ上部へ戻る