ヤマネコ基金 支出2回のみ 西表島 保護活動低調に

イリオモテヤマネコ(西表野生生物保護センターのホームページより)

 竹富町の西表島に生息する国の特別天然記念物イリオモテヤマネコを守る活動に充てる町の保護基金が基金設立以来、10年間で2度しか支出されていないことが分かった。基金の残高は企業や個人から寄付を受けて積み上がる一方、支出が低調で基金が生かされずに保護活動が不活発になり、「宝の持ち腐れ」の状態になっている。
 町によると、基金の残高は2019年度末時点で859万円。10年度の基金設立以降、収入は企業や毎年実施の「やまねこマラソン」の参加者からの寄付、ふるさと納税などで積み増しされている。
 一方の支出は14年度にヤマネコが車にひかれる事故防止で道路沿いにフェンスを設ける工事で200万円、19年度に道の視界を遮る草の除去作業で70万円を使った2度にとどまっている。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
  2. 境界地域の地方公共団体や境界地域研究に関わる研究・教育機関などを構成メンバーとする「境界地域研究ネッ…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  奄美、沖縄の自然を世界自然遺産登録を目指し、企業などで構成する「世界自然遺産推進共同企業体」の発足…
ページ上部へ戻る