ヤマネコ基金 支出2回のみ 西表島 保護活動低調に

イリオモテヤマネコ(西表野生生物保護センターのホームページより)

 竹富町の西表島に生息する国の特別天然記念物イリオモテヤマネコを守る活動に充てる町の保護基金が基金設立以来、10年間で2度しか支出されていないことが分かった。基金の残高は企業や個人から寄付を受けて積み上がる一方、支出が低調で基金が生かされずに保護活動が不活発になり、「宝の持ち腐れ」の状態になっている。
 町によると、基金の残高は2019年度末時点で859万円。10年度の基金設立以降、収入は企業や毎年実施の「やまねこマラソン」の参加者からの寄付、ふるさと納税などで積み増しされている。
 一方の支出は14年度にヤマネコが車にひかれる事故防止で道路沿いにフェンスを設ける工事で200万円、19年度に道の視界を遮る草の除去作業で70万円を使った2度にとどまっている。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県の新型コロナウイルス感染症専門家会議(座長・藤田次郎琉大教授)が5日夜、県医師会館で開かれた。県…
  2.  石垣海洋少年団(IJYC石垣ジュニアヨットクラブ)は4、5の両日、石垣漁港フィッシャリーナで小学4…
  3.  政府が新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を発令する見通しとなったことを受け、石垣市の中…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が松山公園内の土地を無償で提供していること…
ページ上部へ戻る