12人レンジャーに 過酷な訓練に耐え帰還 陸自15旅団

先輩や同僚が爆竹を使って歓迎する中、約50キロの装備を背負い帰還し、行進する隊員ら=19日午後、那覇駐屯地

 陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は19日午後、部隊の精鋭であるレンジャー隊員を養成する教育の最終工程となる「帰還式」を報道陣に公開した。陸自で最も過酷とされる訓練を修了した隊員12人に、第51普通科連隊の谷口慎連隊長がレンジャー隊員の証である徽章を授与した。
 陸自のレンジャー隊員は、体力や精神力、技術に秀でたエリート隊員。15旅団は今年1月から養成教育を開始し、約20人の隊員が約3カ月間訓練を受けた。格闘、地図判読、通信などの基礎訓練に加え、睡眠や食事を制限された状態で任務を遂行する行動訓練も遂行した。脱落せずに残ったのは12人で、19日、沖縄本島の訓練場から那覇駐屯地に帰還した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の県立八重山病院に入院する新型コロナウイルス感染者が54日ぶりにゼロ人になったことが分かった…
  2.  新型コロナウイルスの新規感染者は、現在でも連日のように確認されている。しかし、ある程度の感染者発生…
  3.  竹富町は町内の西表島東部と西部、小浜島、波照間島にある計4カ所の県立八重山病院付属診療所に新型コロ…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は16日から、日本国際貿易促進協会の第44回訪中団に参加し、19日までの日程で北京を…
ページ上部へ戻る