「コロナ疎開」の観光客も 石垣島 〝安心安全〟心理働く

若者を中心に観光客がやや戻った川平湾=21日午前、石垣市川平

 新型コロナウイルスの感染拡大で観光客の減った石垣島にここ数日、卒業旅行の大学生を中心に客足が一定程度戻ってきた。当初は海外など他の旅行先を検討していたが、感染者増で敬遠し、国内で感染圏から離れる石垣島に行き先を急きょ変更した旅行者も少なくない。観光への打撃で悲鳴を上げていた地元観光業者は一筋の光明に期待感を抱いている。
 「バリ島に行く計画だったが、感染拡大で1週間前に旅行先を石垣島に変えた」
 島内一の観光名所、川平湾。卒業旅行で大阪府から友人と2人で来た大学生金山紗弓さん(23)は旅先変更の理由を話す。飛行経由地のフィリピンが入国制限を打ち出したことが決め手になったという。行程は3泊4日で石垣島に2泊、残り1泊を小浜島で過ごす。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市(中山義隆市長)は、宜野湾市(松川正則市長)、名護市(渡具知武豊市長)と共同でAI(人工知能…
  2.  県農林水産部は19日から、新型コロナウイルスの影響で需要が低迷している県産農林水産物の消費拡大のた…
  3.  石垣市川平地区のわかば幼稚園と川平保育所を統合し、西部地区の子育て支援の拠点施設となる「川平認定こ…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)の要請団6人が上京し、6、7の両日、クロマグロの漁獲枠拡大や米軍普天間飛…
ページ上部へ戻る