コロナ対策で小口融資2億円 県議会 今年度補正予算を可決

 県議会(新里米吉議長)は23日、本会議を開き、新型コロナウイルス感染症対策を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案を全会一致で可決した。国が10日に発表した緊急対応策に関連する予算で、個人向けの小口融資に必要な資金2億2800万円が国庫から支出される。
 照屋守之氏(自民)は「知事が全首長を招集して会議を開き、市町村の状況を把握して取り組むべきだった」と指摘した。
 砂川靖保健医療部長は「今週中に常設の専門家会議を立ち上げたい」と述べた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  秋の大型連休「シルバーウイーク」(SW)4連休の初日となる19日、新石垣空港(南ぬ島石垣空港)の国…
  2.  シルバーウイーク4連休初日となる19日、ユーグレナ石垣港離島ターミナルでは多くの観光客らが訪れ、新…
  3.  国立天文台の研究を知ってもらおうと、国立天文台水沢VLBI観測所は19日、高校生で組織する「美ら星…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島の星の祭典「南の島の星まつり2019」(主催・同実行委員会)で4日午後、世界初のブラックホー…
ページ上部へ戻る