【視点】危機意識持たなければ侵入防げず

 沖縄本島中部に住む10代女性が家族とのスペイン旅行から帰国後、成田空港検疫所の検査で、新型コロナウイルスに感染していることが確認された。女性の感染は「空港検疫による輸入症例」として、県内での発生件数には含まれない。
 問題になったのは、女性と家族5人が感染防止のために設けられた学校の休校期間を利用してスペインに出掛けたこと、成田空港での検査後、検査結果の判明を待たず、国の待機要請を振り切って沖縄に帰ってしまったことだ。
 女性と家族は13日から観光目的でスペインに入り、20日に帰国。バスで成田空港から羽田空港に向かい、羽田発那覇行きの便に乗り込んだ。その結果、女性の家族と、女性の近くにいた搭乗者、空港に女性を迎えに来た家族の計7人が濃厚接触者になった。女性は移動中、マスクをしていなかった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  トランプ前大統領が映画『ホーム・アローン2』に登場する。そのシーンを削除するかどうかが話題らしい。…
  2.  八重山防衛協会が昨年、八重山地区への海上自衛隊誘致を防衛省に要請した。海自配備にはどのような意義が…
  3.  新型コロナウイルス感染拡大に伴う「GOTОトラベル」停止や緊急事態宣言の影響で、八重山地区の観光関…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  「Tell us night(テルアスナイト)―気になる4人の思いと本音が聞ける夜―」(主催・㈱エ…
ページ上部へ戻る