【視点】危機意識持たなければ侵入防げず

 沖縄本島中部に住む10代女性が家族とのスペイン旅行から帰国後、成田空港検疫所の検査で、新型コロナウイルスに感染していることが確認された。女性の感染は「空港検疫による輸入症例」として、県内での発生件数には含まれない。
 問題になったのは、女性と家族5人が感染防止のために設けられた学校の休校期間を利用してスペインに出掛けたこと、成田空港での検査後、検査結果の判明を待たず、国の待機要請を振り切って沖縄に帰ってしまったことだ。
 女性と家族は13日から観光目的でスペインに入り、20日に帰国。バスで成田空港から羽田空港に向かい、羽田発那覇行きの便に乗り込んだ。その結果、女性の家族と、女性の近くにいた搭乗者、空港に女性を迎えに来た家族の計7人が濃厚接触者になった。女性は移動中、マスクをしていなかった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年時代の戦争体験を自筆の絵などで紹介した著書「絵が語る八重山の戦争」を出版した石垣市の潮平正道さ…
  2.  県は21日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員2人、関連施設の介護老人保健施設「聖紫花の杜…
  3.  県は21日、新型コロナウイルスに感染して県立八重山病院に入院した陽性者が21人になり、県の病床確保…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る