【視点】子ども守るシステム機能せず

 千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛さん=(当時10)=の夢はパティシエ。亡くなる3カ月前の自分宛ての手紙では、進級への希望を抱き「未来のあなたが見たいです。あきらめないで下さい」とつづっていた。家族みんなにクリスマスプレゼントを用意し、病気がちのいとこを気遣う優しい子だったという。だが、その夢を無残に断ち切ったのは実の父親だった。
 千葉地裁は19日、心愛さんを虐待し死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父勇一郎被告(42)に懲役16年の判決を言い渡した。
 この事件が異様だったのは、心愛さんが生前、周囲の大人たちに何度もSОSを発していたのに、結局、誰も彼女を救えなかったことだ。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県の新型コロナウイルス感染症専門家会議(座長・藤田次郎琉大教授)が5日夜、県医師会館で開かれた。県…
  2.  石垣海洋少年団(IJYC石垣ジュニアヨットクラブ)は4、5の両日、石垣漁港フィッシャリーナで小学4…
  3.  政府が新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を発令する見通しとなったことを受け、石垣市の中…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  5月30日に行われた「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者…
ページ上部へ戻る