子牛拠点産地に認定 竹富町、生産拡大へ弾み

肉用牛の拠点産地として県農林水産部の長嶺部長 (前列右から2人目) から認定証を受けた西大舛町長ら (同3人目) ら=25日午後、県庁

 県農林水産部(長嶺豊部長)は25日、竹富町を肉用牛(子牛)拠点産地に認定した。県庁で同日、長嶺部長が西大舛髙旬町長に認定証を交付した。子牛の拠点産地認定は2018年のうるま市に続き県内9番目。竹富町は今後、県の支援を受けながら優良子牛のさらなる生産拡大を目指す。
 県は農林水産戦略品目を「沖縄ブランド」に位置付けて全国出荷を目指すため、拠点産地の認定を進めている。
 竹富町の17年度の農業産出額は28億2000万円で、このうち約58%に当たる26億4000万円が肉用牛。石垣市、宮古島市、伊江村に次ぐ4番目の肉用牛産出額となっており、18年度の飼養戸数150戸も県内4番目となっている。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る