【視点】沖縄戦開始75年、特攻の歴史継承を

 きょう26日で沖縄戦の開始から75年になる。沖縄県のホームページでは「沖縄戦は、アメリカ軍が1945(昭和20)年3月26日、那覇市の西にある慶良間諸島に上陸して始まりました」と記されている。
 内外の多くのメディアも、沖縄戦の開始について同様の表現を採用する。だが、本当にこのような記述でいいのだろうか。
 八重山の私たちは、米軍の慶良間諸島上陸直前、石垣島を出撃した伊舍堂用久大尉(戦死後、中佐に特進)ら誠第十七飛行隊が米艦隊に特攻を敢行し、沖縄戦の火ぶたを切ったことを知っている。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県の新型コロナウイルス感染症専門家会議(座長・藤田次郎琉大教授)が5日夜、県医師会館で開かれた。県…
  2.  石垣海洋少年団(IJYC石垣ジュニアヨットクラブ)は4、5の両日、石垣漁港フィッシャリーナで小学4…
  3.  政府が新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を発令する見通しとなったことを受け、石垣市の中…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市が国内と海外島嶼(とうしょ)地域の3都市から有識者らを招いて島嶼の課題について意見交換し、将…
ページ上部へ戻る