特攻75年 恒久平和祈念 慰霊祭、参列者折り鶴捧げる 伊舍堂隊顕彰碑

伊舎堂中佐と隊員の顕彰碑前に折り鶴を供える参列者=26日午前、石垣市南ぬ浜町

 1945年3月26日、沖縄戦の陸軍特攻第1号として石垣島から出撃し、慶良間諸島沖の米艦隊に突入した伊舍堂用久中佐(当時24)=戦死時大尉、2階級特進=ら、誠第十七飛行隊員の75回忌となる慰霊祭が26日、石垣市南ぬ浜町の顕彰碑前で開かれた。約40人が参列。哀悼の意を込めて折り鶴を顕彰碑前に供え、恒久平和を祈念した。
 顕彰碑前には石垣島を飛び立った特攻隊員たちに見立て、折り鶴が置かれた。参列者も、顕彰碑下の石敷きに一人ずつ折り鶴を供えた。遺族ら関係者が献花した。
 慰霊祭実行委員会の上地和浩会長は「今後とも史実を後世に伝える。恒久平和を希求する」と式辞を述べた。中山義隆市長は「戦争の悲惨さ、平和の尊さを未来へ語り継ぎ、郷土を守り育てていかなくてはならない」と誓った。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山観光フェリー㈱(大松宏昭代表取締役社長、YKF)と㈲安栄観光(森田安高代表取締役)は7日、中…
  2.  国内最大クラウドファンディングサービス会社、Ready For(レディフォー)株式会社は、「新型コ…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県医師会の安里哲好会長は7日午後、県庁で記者会見し、症状がある…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  第一マリンサービス(熊坂俊彦代表取締役)は13日、那覇市と北谷町、恩納村、本部町を結ぶ高速船の運航…
ページ上部へ戻る