新型コロナ新たに2人 海外渡航と二次感染で 沖縄

 県は28日、那覇市に住む20代と30代の女性2人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。20代の女性は海外渡航歴があり、30代の女性は県内の別の感染者から二次感染したと見られる。県内での感染確認は計8例、成田空港での検疫で確認された女性を含め計9例となった。1日に複数の感染者が確認されたのは初めて。
 県によると、20代女性は学生で、23日に滞在先の米ニューヨークから帰国。母親の判断で県内の宿泊施設に宿泊したが、24日に頭痛、25日に微熱が出た。26日に医療機関の帰国者・接触者外来を受診したところ、軽度の肺炎が認められたという。
 30代女性は、既に県内で感染が判明している那覇市の30代男性と23日以降、複数回接触した。26日から発熱があり、医療機関を受診。肺炎はなかったが検査を受け、28日に陽性が確認された。軽症で入院中。県内での二次感染は初めてと見られる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年時代の戦争体験を自筆の絵などで紹介した著書「絵が語る八重山の戦争」を出版した石垣市の潮平正道さ…
  2.  県は21日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員2人、関連施設の介護老人保健施設「聖紫花の杜…
  3.  県は21日、新型コロナウイルスに感染して県立八重山病院に入院した陽性者が21人になり、県の病床確保…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  駐日インド大使館のサンジェイ・クマール・ヴァルマ大使は5日夕、県庁に玉城デニー知事を表敬訪問した。…
ページ上部へ戻る