県蝶にオオゴマダラ 4月制定「自然守って」

「県蝶」に選ばれたオオゴマダラ(県提供)

 県は4月1日付で「県蝶」を制定し、オオゴマダラを沖縄の新たなシンボルとする。オオゴマダラは、県内では既に石垣市や那覇市などの市蝶としても親しまれており、玉城デニー知事は27日の定例記者会見で「県蝶の制定を機に、沖縄独自の自然の豊かさへの理解を深め、自然環境を守り育てる意識の向上に努めたい」とアピールした。
 県のシンボルとしては現在、県章、県花、県木、県鳥、県魚、県民の歌の6種類が制定されており、県蝶は48年ぶりの新たなシンボルとなる。
 県は専門家の検討委員会や審議会、パブリックコメント(県民意見募集)などで県蝶の選定作業を進めてきた。知名度の高さや、理科教育、環境教育でよく活用されていることなどを理由にオオゴマダラが選ばれた。
 オオゴマダラはタテハチョウ科の蝶で、日本の蝶としては最大種の一つ。広く県内に分布しており、白地に黒いまだら模様でゆっくり優雅に飛ぶのが特徴。黄金色のさなぎとともに、県民に親しまれている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)9月定例会の最終本会議が18日開かれ、尖閣諸島での上陸調査活動と施設整備…
  2.  石垣市議会は18日の最終本会議で、市当局が提案した農業委員19人の人事案件を無記名投票で採決し、5…
  3.  石垣市都市建設課は今月5日、伊原間の玉取崎展望台に観光で家族とともに訪れた3歳男児が擬木園路から誤…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  埼玉県越谷市で旅行中、建物火災で取り残された少女をたまたま見つけ、自らの危険をかえりみず救出した那…
ページ上部へ戻る