県内の感染拡大が加速 専門家「流行始まりつつある」 新型コロナウイルス

新型コロナウイルス感染症対策本部会議で対応を協議する玉城知事(左奥)と県幹部=28日午後、県庁

 県内で新型コロナウイルスの感染拡大が加速してきた。21日以降、ほぼ連日新たな感染者が確認されており、28日には初めて1日で2人の感染確認が発表された。東京、大阪など大都市圏での感染拡大が、じわじわと沖縄にも波及している可能性があり、専門家は「流行が始まりつつある」と事態を深刻に受け止めている。
 「今後も、県内にウイルスが持ち込まれるリスクが高くなることが考えられる」―。27日の記者会見で玉城デニー知事は、県外・国外から戻った県民や来県者に対し、感染予防に注意を払うよう呼び掛けた。
 県内の感染者は2月20日までに3人が確認され、うち2人が那覇に寄港したクルーズ船の乗客を案内したタクシー運転手。別の1人は感染経路が不明だったが、感染源はクルーズ船だけにほぼ特定された。その後、約1カ月間は新たな感染者は確認されず、感染拡大は一段落したと見られていた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、15日午前7時51分ごろ、中国海警局の船「海警1401」が石垣市の…
  2.  陸上自衛隊第15旅団(旅団長・佐藤真陸将補)は13日午前、所属ヘリ部隊・第15ヘリコプター隊の年頭…
  3.  石垣市立川平小中学校(大城豊校長)と真喜良小学校(比嘉真弓校長)で新型コロナウイルスの感染者が確認…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
ページ上部へ戻る