VERA観測局、6月閉鎖へ 銀河系地図作成は頓挫

VERA石垣島観測局と天の川(宮地竹史さん提供)

 国立天文台が、電波望遠鏡を設置している全国4カ所のVERA観測局のうち、石垣島局を含む3局を6月に閉鎖する方針を固めたことが30日分かった。観測局関連の予算が前年度比で半減され、運用が継続できなくなったという。世界の観測所と連携し、天の川(銀河系)の立体地図を作成する大プロジェクトを進めていたが、中途で頓挫することになる。
 観測局の閉鎖は国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)が30日、ホームページで公表した。予算削減は26日付で通知があり、水沢局以外の入来、小笠原、石垣島の各局について「今後数カ月以内にアンテナ運用が停止する見込み」としている。4局での観測は現在の観測シーズンである6月中旬までで終了するという。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  秋の大型連休「シルバーウイーク」(SW)4連休の初日となる19日、新石垣空港(南ぬ島石垣空港)の国…
  2.  シルバーウイーク4連休初日となる19日、ユーグレナ石垣港離島ターミナルでは多くの観光客らが訪れ、新…
  3.  国立天文台の研究を知ってもらおうと、国立天文台水沢VLBI観測所は19日、高校生で組織する「美ら星…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄平和市民連絡会の関係者らは19日、県庁を訪れ、米軍普天間飛行場の辺野古移設に必要な土砂が採掘さ…
ページ上部へ戻る