コロナ対策、両陣営苦慮 県議選 集会開催見通し立たず

 5月29日告示、6月7日投開票の県議選は告示まで2カ月を切ったが、全国的な新型コロナウイルス感染拡大の影響で各陣営とも集会開催の見通しが立たず、支持拡大の戦略に苦慮している。石垣市区(定数2)で出馬表明した革新系現職の次呂久成崇氏(45)、保守系現職の大浜一郎氏(58)=自民公認=の両陣営も、後援会事務所開きを通常より縮小して少人数で行い、今後の集会開催に関しても「決まっている日程はない」などとしている。
 大浜陣営は3月12日に登野城で、次呂久陣営は同29日に石垣で、それぞれ後援会事務所開きをしたが、新型コロナウイルスの感染防止に留意し、参加者を少人数に絞り、日程も短縮した。告示当日に開かれる出陣式、出発式も同様の対応となると見られる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
  2. 境界地域の地方公共団体や境界地域研究に関わる研究・教育機関などを構成メンバーとする「境界地域研究ネッ…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  竹富町議会(新田長男議長)6月定例会では一般質問最終日の20日、仲里俊一、上盛政秀、那根操の3氏が…
ページ上部へ戻る