清明祭は規模縮小を 県医師会が呼び掛け

4日から始まる清明祭を前に、県民に向け規模縮小など注意喚起を行う県医師会の宮里達也副会長=2日午後、県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県医師会の宮里達也副会長は2日午後、県庁で会見し、県内で4日から始まる清明祭(シーミー)にあたり、代表者のみでお参りするなど規模の縮小を県民に対し強く求めた。同日午前に安里哲好会長ら3役で話し合い、注意喚起を決めた。県内の医療業界から強い要望があったという。
 注意文では①東京・大阪等の本土から帰省する人を参加させない②代表者のみの参加などできるだけ規模を縮小して行う③発熱など体調が悪い人を絶対に参加させない―ことを強く求めている。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の県立八重山病院に入院する新型コロナウイルス感染者が54日ぶりにゼロ人になったことが分かった…
  2.  新型コロナウイルスの新規感染者は、現在でも連日のように確認されている。しかし、ある程度の感染者発生…
  3.  竹富町は町内の西表島東部と西部、小浜島、波照間島にある計4カ所の県立八重山病院付属診療所に新型コロ…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者問題調査会)が30日…
ページ上部へ戻る