SNS「島に来ないで」相次ぐ 観光業界は複雑「死活問題」 新型コロナ

フォロワー5千人以上の人気インスタグラマーの投稿。石垣島には新型コロナウイルスの検査体制がないと訴えている=本人提供

 新型コロナウイルスの感染者が県外から八重山を訪れる「移入例」を懸念した地元住民が、SNS上で悲鳴を上げている。ブログ、インスタグラム、ツイッターで観光客に対し「来ないで」という趣旨の投稿をアップし「離島には十分な医療がありません」と来島自粛を訴えている。一方、観光業界は「来島自粛と言われても、観光客が来ないと業界は死活問題になる」と複雑な心境をのぞかせる。
 安心安全な観光地として八重山を選び「コロナ疎開」する観光客が増えているとの報道に対し、地元住民のツイッターでは、「コロナ騒ぎの中、石垣島が人気だと!?」「感染者が出たら内地以上に大変になる。住民に逃げ場はない。病院の少ない島やし医療崩壊はすぐに起こる」「病室も呼吸器も他県より圧倒的に少ないです」などのツイートが見られる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の中山義隆市長は4日、市役所で記者会見し、来年1月4日に予定していた成人式を3月21日に延期…
  2.  中国が香港民主派への弾圧を強めており、欧米から批判の声が強まっている。国民の政治活動を力ずくで封じ…
  3.  県の長嶺豊農林水産部長は4日の県議会定例会で、尖閣諸島(石垣市)の領有権を主張した王毅外相の発言に…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る