本島で流行本格化か 「市中感染」始まった可能性

会議で発言する玉城知事(奥)=4日午後、県庁

 県内で4日、新型コロナウイルスの感染者が1日では最多となる5人に達した。いずれも沖縄本島中南部だが、感染経路が不明な人も2人おり、専門家は「沖縄でも流行が始まっている」と見る。大都市圏で顕著になっている流行が、いよいよ沖縄にも波及してきた形。沖縄本島で流行が拡大すれば、離島の宮古や八重山でも感染者が出る可能性は高まる。
 「県内の新型コロナウイルスのフェーズ(段階)は変わった」
 16例目となる感染確認を発表した玉城デニー知事。前日に県職員の感染が確認され、自身も健康観察の対象になっており、この日も引き続きマスク姿で報道陣の前に現れた。
 本島では、感染源を追えない「市中感染」が始まった可能性が高まっている。2月下旬から約1カ月間、県内での感染者が確認されず、県庁や県民の間に安心感が漂い始めた先月下旬までの雰囲気は一転。庁内は息苦しい緊張感に包まれた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルス感染拡大で石垣、竹富、与那国の八重山3市町が民間から寄付を受けたマスクが11万2…
  2.  県は26日、今年4月の入域観光客数が前年同月比77万4100人(90・9%)減の7万7300人とな…
  3.  石垣市内小中学校では25日の給食に、地元のブランド牛「美崎牛」を使った美崎牛カレーが提供された。 …

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  災害時の福祉避難所と市民などの交流施設とを兼ね備えた「結い心(くくる)センター」が30日午後、石垣…
ページ上部へ戻る