本島で流行本格化か 「市中感染」始まった可能性

会議で発言する玉城知事(奥)=4日午後、県庁

 県内で4日、新型コロナウイルスの感染者が1日では最多となる5人に達した。いずれも沖縄本島中南部だが、感染経路が不明な人も2人おり、専門家は「沖縄でも流行が始まっている」と見る。大都市圏で顕著になっている流行が、いよいよ沖縄にも波及してきた形。沖縄本島で流行が拡大すれば、離島の宮古や八重山でも感染者が出る可能性は高まる。
 「県内の新型コロナウイルスのフェーズ(段階)は変わった」
 16例目となる感染確認を発表した玉城デニー知事。前日に県職員の感染が確認され、自身も健康観察の対象になっており、この日も引き続きマスク姿で報道陣の前に現れた。
 本島では、感染源を追えない「市中感染」が始まった可能性が高まっている。2月下旬から約1カ月間、県内での感染者が確認されず、県庁や県民の間に安心感が漂い始めた先月下旬までの雰囲気は一転。庁内は息苦しい緊張感に包まれた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る