感染予防策の徹底を 石垣空港 市長メッセージ掲示

6メートル×3メートルの大幕を背に、マスクの着用や手指消毒の励行などを訴える中山市長=4日午後、石垣空港ターミナルビル到着ロビー

 中国武漢を発生源とする新型コロナウイルス感染症拡大が深刻化する中、石垣市は4日午後、新石垣空港(南ぬ島石垣空港)の国内線旅客ターミナル到着ロビーに、観光中のマスクの着用や手指消毒、密閉・密集・密接の「3密」を避けるよう促す市長メッセージの大幕を掲示した。メッセージでは石垣島での「感染リスクの高さ」やウイルスによる「医療崩壊」の危機にも言及し、感染予防対策の徹底を呼び掛けた。
 中山義隆市長は掲示にあたり、感染が拡大する大都市圏などからの観光客が来島している現状を指摘し、「感染者がいつ発生してもおかしくない状況が続く。ひとたび発生すると医療崩壊にもつながりかねない」と強調。「観光客の皆さまには、感染拡大防止への心構え等をご理解いただき、観光を楽しんでいただければ」と、観光客らに呼び掛けた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市(中山義隆市長)は、宜野湾市(松川正則市長)、名護市(渡具知武豊市長)と共同でAI(人工知能…
  2.  県農林水産部は19日から、新型コロナウイルスの影響で需要が低迷している県産農林水産物の消費拡大のた…
  3.  石垣市川平地区のわかば幼稚園と川平保育所を統合し、西部地区の子育て支援の拠点施設となる「川平認定こ…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る