来県自粛求める声も 離島患者の搬送機材確保へ

専門家会議後、県保健医療部の糸数公統括監(中央)や髙山氏(左)らが報道陣に説明した=5日夜、県医師会館

 県の新型コロナウイルス感染症専門家会議(座長・藤田次郎琉大教授)が5日夜、県医師会館で開かれた。県内で急増する感染者の多くが、県外からウイルスを〝持ち込んだ〟と見られる状況のため、2週間程度、来県自粛を呼び掛けるよう求める声が出た。
 本土からの観光客が多い離島では、既に感染が広がっている可能性も指摘され、検査結果の注視が必要とされた。
 県は離島患者を搬送する機材の確保を急ぐ意向。離島で患者が発生した場合の具体的な搬送方法は今後、議論される。
 現在、感染者の治療は、感染症指定医療機関が行っている。会議では今後の患者急増に対応するため、病床の増設や専門病棟の指定、検体の採取部門と検査部門の分離などを求める意見もあった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  赤嶺政賢衆院議員は7日、陸上自衛隊駐屯地建設に向けた用地造成工事が進む石垣市平得大俣地区を訪れ、フ…
ページ上部へ戻る