緊急宣言中は来島自粛を ウイルス〝持ち込み〟懸念 「健康、生命保証できず」 新型コロナ

記者会見で緊急事態宣言期間中の来島自粛を呼び掛ける中山市長と市幹部=6日午後、市役所

 政府が新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を発令する見通しとなったことを受け、石垣市の中山義隆市長は6日、市役所で緊急記者会見し、観光客に対し、宣言期間中は市への旅行を自粛するよう呼び掛けた。市内の感染症対応病棟が3床しかない現状を訴え「住民、観光客の健康、生命について十分に保証できない状況」と危機感をあらわにした。
 石垣空港には東京、大阪など大都市圏からの直行便が運航しており、政府が緊急事態宣言を発令した場合、こうした大都市が対象地域になる可能性が高い。
 中山市長は声明文で、大都市での自粛生活を避けるため、多くの観光客が石垣島に避難し、ウイルスが持ち込まれる可能性を懸念。「現下の状況では、ご来島いただいても十分なおもてなしもできず、ご迷惑をお掛けるすることにもなる」と述べた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)9月定例会の最終本会議が18日開かれ、尖閣諸島での上陸調査活動と施設整備…
  2.  石垣市議会は18日の最終本会議で、市当局が提案した農業委員19人の人事案件を無記名投票で採決し、5…
  3.  石垣市都市建設課は今月5日、伊原間の玉取崎展望台に観光で家族とともに訪れた3歳男児が擬木園路から誤…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は25日、官邸に菅義偉官房長官を訪れ、現在2両編成の沖縄都市モノレール(ゆいレール)…
ページ上部へ戻る