離島航路、あすから減便 通常の約4割で運航

9日から減便が実施される=7日午前、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

 八重山観光フェリー㈱(大松宏昭代表取締役社長、YKF)と㈲安栄観光(森田安高代表取締役)は7日、中国武漢を発生源とする新型コロナウイルス感染拡大による旅客海運需要の減少や「緊急事態宣言」の発令などを受け、9日から竹富地区の定期船航路の減便を発表した。石垣―竹富航路など、全体で通常の4割ほどでの運航となる。減便期間は感染終息の見通しが立たないため未定で、決定しだい発表するという。
 各社ホームページ上では9日からの定期船時刻表を掲載。石垣―竹富、石垣―小浜航路は通常の13便から4便になるなど、全体で約6割減となる。
 8日からは全観光プランも一時停止され、停止期間については状況により判断する。
 安栄観光は営業時間も開始・終了時刻を1時間ずつ短縮し、午前7時から午後7時までとしている。
 竹富島の島民の1人は取材に「コロナ対策に協力したい気持ちは強い」とする一方、「減便によって逆に船内が密集するのではないか」と危惧(きぐ)した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市(中山義隆市長)は、宜野湾市(松川正則市長)、名護市(渡具知武豊市長)と共同でAI(人工知能…
  2.  県農林水産部は19日から、新型コロナウイルスの影響で需要が低迷している県産農林水産物の消費拡大のた…
  3.  石垣市川平地区のわかば幼稚園と川平保育所を統合し、西部地区の子育て支援の拠点施設となる「川平認定こ…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務…
ページ上部へ戻る