【視点】日中友好、八重山の不安除去が先

 中国政府は8日、新型コロナウイルスが発生した湖北省武漢市の封鎖を解除した。当初、ウイルスの発生国として厳しい視線を浴びていた中国だが、ここへ来てウイルスの抑え込みを大々的にアピール。友好国にマスクを贈ったり、医療チームを派遣する「マスク外交」を展開し、逆に国際的存在感を高めている。中国共産党政権の強靭さ、したたかさを改めて見せつけられる思いだ。
 共産党機関紙、人民日報(電子版)は同日の評論で「武漢での素早い措置が、他国の防疫のために貴重な時間を稼いだ」と世界に誇示した。中国は今や、ウイルス流出の責任国としてではなく、いち早く危機を克服し、世界に模範を示した「救世主」として国際社会に臨もうとしているようだ。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は27日、石垣市で、市内で男女5人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち4人は25…
  2.  石垣市で沖縄本島からの渡航者が新型コロナウイルスに感染する事例が相次いでいることを受け、中山義隆市…
  3.  尖閣諸島に対する国民の当事者意識の高揚を図ろうと、公益社団法人日本青年会議所沖縄ブロック協議会(結…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る