防護服着用し搬送訓練も 海保も感染阻止に厳戒 新型コロナ

新型コロナウイルスに感染した患者の搬送を想定し、訓練する美保航空基地所属のヘリコプター乗員=3月31日、鳥取県境港市(海上保安庁提供)

 海上保安庁が巡視船や航空機で任務に当たる保安官の新型コロナウイルスの感染防止に細心の注意を払っている。緊急事態宣言発令中も、日常的な海難救助や石垣市の尖閣諸島周辺の監視活動は続く。奥島高弘長官は「船から一人でも感染者が出れば、活動ができなくなる。防止策に万全を期すよう口酸っぱく言っている」と強調する。
 「機内は狭い空間。乗員に感染しないようにしながら、いかに適切な処置をするか」。鳥取県境港市の美保航空基地では、1月から3月にかけて3回にわたり感染防止対策の訓練を実施してきた。参加した小南輝幸・上席機動救難士(40)は、普段とは違う環境で活動する難しさを指摘する。
 3月の訓練では、防護服やマスクを着用し、患者役を透明の収容袋に入れてヘリコプターに運び入れ、体温や脈拍の測定、酸素投与などがスムーズにできるかチェックした。小南さんは「医療機関や保健所との連携も大切。訓練を重ね、搬送要請にしっかり対応できるよう備えたい」と語る。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 任期満了に伴う県議選は29日告示される。石垣市区(定数2)には無所属現職、次呂久成崇氏(46)=共…
  2.  新川字会の金城文雄会長は28日、8月8~9日に予定されている今年の豊年祭について、新型コロナウイル…
  3.  中国海警局の船が尖閣諸島周辺海域に侵入し、与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、県東京事務所の上…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  【北京共同】中国の胡春華(こ・しゅんか)副首相は18日、河野洋平元衆院議長が会長として率いる日本国…
ページ上部へ戻る