防護服着用し搬送訓練も 海保も感染阻止に厳戒 新型コロナ

新型コロナウイルスに感染した患者の搬送を想定し、訓練する美保航空基地所属のヘリコプター乗員=3月31日、鳥取県境港市(海上保安庁提供)

 海上保安庁が巡視船や航空機で任務に当たる保安官の新型コロナウイルスの感染防止に細心の注意を払っている。緊急事態宣言発令中も、日常的な海難救助や石垣市の尖閣諸島周辺の監視活動は続く。奥島高弘長官は「船から一人でも感染者が出れば、活動ができなくなる。防止策に万全を期すよう口酸っぱく言っている」と強調する。
 「機内は狭い空間。乗員に感染しないようにしながら、いかに適切な処置をするか」。鳥取県境港市の美保航空基地では、1月から3月にかけて3回にわたり感染防止対策の訓練を実施してきた。参加した小南輝幸・上席機動救難士(40)は、普段とは違う環境で活動する難しさを指摘する。
 3月の訓練では、防護服やマスクを着用し、患者役を透明の収容袋に入れてヘリコプターに運び入れ、体温や脈拍の測定、酸素投与などがスムーズにできるかチェックした。小南さんは「医療機関や保健所との連携も大切。訓練を重ね、搬送要請にしっかり対応できるよう備えたい」と語る。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  7月に予定される参院選沖縄選挙区(改選数1)に出馬を予定する高良鉄美琉大名誉教授(65)は4日、社…
ページ上部へ戻る