泡盛出荷、15年連続減少 県酒造組合 背景に嗜好の多様化

2019年の泡盛出荷量を発表する県酒造組合の佐久本学会長(右)、土屋信賢専務理事=7日午後、県酒造組合

 県酒造組合(佐久本学会長)は7日午後、2019年の泡盛総出荷量(アルコール度数30度換算)を発表した。総出荷量は前年比4.9%減の1万5349キロリットルとなり、ピーク時の04年(総出荷量2万7688キロリットル)から15年連続減と悪化の一途をたどっている。
 出荷先の内訳は、県内出荷量が同5.0%減の1万3193キロリットル、県外は同0.5%減の2772キロリットルとなった。
 一方で、海外は同43.2%増の44キロリットルだった。18事業年度の経営状況は、全45社のうち黒字25社、赤字20社だった。営業利益1億円超は前事業年度比2社減の1社となった。45社の売上高合計は142億2400万円(対前事業年度比2.5%減)、営業利益率は対前事業年度比3.5ポイント減のマイナス0.6%となった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  秋の大型連休「シルバーウイーク」(SW)4連休の初日となる19日、新石垣空港(南ぬ島石垣空港)の国…
  2.  シルバーウイーク4連休初日となる19日、ユーグレナ石垣港離島ターミナルでは多くの観光客らが訪れ、新…
  3.  国立天文台の研究を知ってもらおうと、国立天文台水沢VLBI観測所は19日、高校生で組織する「美ら星…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  八重山を訪れた観光客にスムーズな移動手段を提供しようと、石垣市、竹富町など官民7者が11月から20…
ページ上部へ戻る