経済回復へ連携を 新型コロナでウェブ会議 九州知事会

九州地方知事会の臨時会議で感染状況や対策について説明する玉城デニー知事(左)=10日午後、県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、10日午後、九州地方知事会の臨時会議がウェブ会議で開かれた。大分、福岡、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の九州8県と山口県の知事が深刻さを増す感染状況を報告し、感染拡大防止対策や収束後の経済回復に向けて連携していくことを確認した。
 会議は大分県の広瀬勝貞知事の進行で行われた、各県の感染状況では、4月に入ってから感染者や感染経路が追えない患者が増えているとの説明があった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県八重山保健所は6日、西表島(竹富町)でバーベキュー(BBQ)をして新型コロナウイルスに感染した島…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大による県の休業要請を受け、石垣市の繁華街・美崎町などの接待・接触を伴う…
  3.  ファッションデザイナーで、イベントプロデューサーの山本寛斎さんが、急性骨髄性白血病のため亡くなった…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  赤嶺政賢衆院議員は7日、陸上自衛隊駐屯地建設に向けた用地造成工事が進む石垣市平得大俣地区を訪れ、フ…
ページ上部へ戻る