「いつまで」不安の声も 休校中、小学校で自主学習会 新型コロナ

間隔を空けて自習する児童ら=10日、市内小学校

 新型コロナウイルスの影響で、八重山3市町の公立小中学校は7日から休校しているが、石垣市では市教育委員会が主催する自主学習会などが各小学校で開催されている。

 11日、600人以上が通う市内の大規模小学校では、学習会に10人が参加した。
 学習会は午前8時半から時まで。入口にはアルコール消毒液が置かれ、3クラスに分かれた児童の席は間隔を空けて配置された。
 教員が児童に付き添い、それぞれが持参したドリルなどの教材に取り組んだ。
 担当教諭は「決まった児童が通うことが多い。密集を避けるため、コミュニケーションもなるべく取らないようにしているので、児童も飽き始めている。折り紙やNHKの教材ビデオなどを見せたりと工夫はしているが、いつまで続くか」と不安を募らせた。
 3年生に進級した女子児童は「きょうは国語と算数のテキストを勉強した。毎日おうちにいてもひま。犬の散歩をしたり、家の中でテレビを見たりしている」と話した。
 学校側は、学習会後は使用した机などのアルコール除菌が実施されるなど、感染防止対策の徹底を図っている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市は11月30日開会した市議会(平良秀之議長)12月定例会に、児童生徒に1人1台のタブレット端…
  2.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が尖閣諸島(石垣市)の中国領有権を主張した問題を受け、石垣市議会は…
  3.  見たいようにしか見ていない。分かりたいようにしか分からない。最近改めて感じている理(ことわり)であ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  インドネシア原産のコショウで、八重山で特に消費が盛んなピィパーズ(和名・ヒハツモドキ)の普及活動に…
ページ上部へ戻る