県内景気後退している 海邦総研が発表 新型コロナ、影響甚大

 海邦総研(新崎勝彦社長)は8日、今期(2020年1ー3月期)と来期(同年4ー6月期)の県内景気動向調査を発表し、県内企業の今期景況判断(BSI)はマイナス36.9で「下降」超となり、「県内景気は後退している」と指摘した。
 消費増税によるコスト高や供給過剰による顧客分散の影響で業況が厳しい中、新型コロナの感染拡大が県経済に甚大な影響を及ぼしていると説明している。
 観光関連の今期BSIはマイナス91.1で大幅な下降超となった。ほとんどの事業者で売上と利益が低下、雇用への影響が懸念されるとした。
 建設・不動産の今期BSIも下降超となり、地価や建設費の高騰で不動産・民間需要がやや減退。人手不足も続いているとした。
 食品・消費・サービス関連は全体的に下降しているとみている。飲食サービス業で景況が著しく低下しているが、小売関連では食品関連は好調。ただ衣類や雑貨などの非食品の売れ行きは厳しいとした。
 来期のBSIはマイナス38.4で「下降」超となり、新型コロナの収束が見通せないことで企業の先行き判断は大変厳しいと結論付けた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  世界平和デーの21日、石垣小学校の少年野球とサッカーチームの児童らが、第二次大戦中に島の住民たちが…
  2.  敬老の日の21日、100歳を迎えた石垣市新川の山城カマドさん宅に川満誠一副市長が訪ね、長寿を祝った…
  3.  シルバーウイーク3日目の21日、竹富町の各島にも多くの観光客が訪れた。新型コロナウイルス感染症で地…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る