八重山病院に軽症者隔離フロア 新型コロナ 実務は医師会が対応

 石垣市のかりゆし病院の境田康二院長(60)は12日、県立八重山病院に新型コロナウイルスに感染して症状の軽い人を収容して隔離する専用フロアを設けることで八重山病院と合意したことを明らかにした。合意は両病院のほか、石垣島徳州会病院、八重山地区医師会の計4者で成立した。病床数については今後詰める。
 専用フロアで受け入れる対象者はPCR検査で感染が確認された症状の軽い患者。本来は自宅で様子を見ても構わない症状だが、自宅だと隔離が不十分で感染者を増やす可能性があり、収容を促す。
 他フロアと分離し、14日間経過観察する。医療スタッフは八重山病院の医師が重症者の治療に専念できるよう医師会が医師を出して対応する。収容者が増えたら宿泊施設などに振り分ける。市には市職員の看護師の派遣と食事の手配を要請した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. いかなる文脈にあるかで、言葉の相貌は変わる。愛情を感じる人の「バカ」と憎悪を覚える人の「バカ」とでは…
  2. 石垣市名蔵に住む上地正人さん(63)とルミ子さん(同)夫妻は毎週土曜日の朝、名蔵の自宅前で地域の農家…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域を航行してい…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る