原油下落、八重山にも波及 観光客、住民の外出減少で

ガソリン価格の下落が続いている=22日、市内給油所

 新型コロナウイルスの影響による原油価格の下落に伴い、生活に直結するガソリン価格の下落が続いている。22日に発表された経済産業省・資源エネルギー庁の石油価格調査によると、沖縄のレギュラーガソリン現金小売価格は20日時点で138円で、3月16日時点の150円から12円値下がりしている。八重山でも影響が出始め、4月22日時点で120円代まで下がっている給油所もあるという。
 八重山の石油業関係者によると「仕入れ値が下がった分、小売価格に反映される。前年比で20円~30円価格が下がってはいるが、新型コロナウイルスの影響で観光客の減少や地元住民の外出機会が減った分、給油する車は減少傾向にある」と話した。
 給油所を利用した市内在住の30代男性は「ガソリン価格がだいぶ安くなったという印象。生活にじかに影響するので安くなるのは家計的には助かる」と述べた。
 市内の給油所では営業時間の短縮、洗車機のセルフ化やごみの回収を遠慮するなど、新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みもされている。
 給油所の担当者は「お客さまには不便をかけるが、お客様や従業員の感染を防止し、できる限り広がらないよう取り組んでいる」と理解を求めた。
 週明け20日の米ニューヨーク原油先物市場では世界各国で新型コロナウイルスによる影響で経済活動が落ち込み、エネルギー需要が急減。史上初の1バレル=マイナス37・67ドルのマイナス価格で取引を終えた。22日に発表された経済産業省・資源エネルギー庁の石油価格調査では、20日時点のレギュラーガソリン1㍑あたりの全国平均小売価格が130・9円で2年9カ月ぶりの低い水準。前週から1・0円の値下がりとなり13週連続の値下がりを記録した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  秋の大型連休「シルバーウイーク」(SW)4連休の初日となる19日、新石垣空港(南ぬ島石垣空港)の国…
  2.  シルバーウイーク4連休初日となる19日、ユーグレナ石垣港離島ターミナルでは多くの観光客らが訪れ、新…
  3.  国立天文台の研究を知ってもらおうと、国立天文台水沢VLBI観測所は19日、高校生で組織する「美ら星…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議名護(稲嶺進代表)は19日、辺野古の埋め立て用土砂の搬…
ページ上部へ戻る